職場いじめとは

職場いじめを撃退

職場いじめ撃退マニュアル あなたは、職場内で次のようなことにお悩みではありませんか?

・あなたにだけ挨拶されない。
・あなただけ周りから話しかけら れない。
・あなたの仕事に必要な情報や 機器が与えられない。

・・・・その職場状況は、
職場いじめではありませんか?


いじめというものは耐えているだけでは決して解決してはくれません。
職場いじめに対してどのように対抗したらよいのか。
その方法はこのマニュアルに載っています。


職場いじめとは

職場いじめとは、会社など職場に勤める上で、
パワハラやセクハラなどや無視される、陰口を叩かれる、
不当に過重労働させられる、もしくは意図的に仕事を与えないなど、

職権乱用及び不当な制裁行為によって、
労働者の人格権や労働上の権利が害され、

ストレスなどにより疾患の発病や
社会的あるいは経済的損失が発生したがために不利益が生じること
と定義づけられると思います。


職場いじめでよく見受けられるケースに


・雇用者同士のトラブル

「無視」や「陰口」、「わざと仕事に必要な情報を与えない」
といった不作為行為

「悪口」や「嫌がらせ」、「セクハラ」といったハラスメント行為


・上司と部下の間のトラブル

退職や賃金などの労働条件を自己にとって優位にするために、
退職勧奨や一方的な労働条件の引き下げといった
労使交渉に付随して行われる行為

権限を使った、嫌がらせ(セクハラ、パワハラ)等、
人格権を侵害する行為


・経営者(社長など)と雇用者間のトラブル 。

経営者自身による、パワハラやセクハラといったハラスメント行為
経営者自身による、「無視」や「業務と無関係の作業の強要」
といった職場八分行為

などが挙げられます。


いじめられる側の受ける被害としては、
まず、いじめを受けることによる苦痛、
それに起因したストレス過多による、
うつ病、精神病などの精神疾患。

作業効率の低下などによる、社会的地位の低下(降格、クビなど)。
どれも深刻な問題です。


また、会社側としても
業務への障害に伴う企業の生産性の低下
訴訟など裁判ざたになった時の社会的イメージの低下など
深刻な問題になる可能性があるにも関わらず、
適切な対応をとっている会社は少なく、軽視される傾向にあります。


職場いじめは当人同士による解決は難しく、
会社側もあまり対応してくれないので、
結局、被害者側が泣き寝入りするしかないのが現実です。


そうならない為にも正しい対応をする必要があります。
その詳細はこちらで確認してください。