セクハラについて

職場いじめを撃退

職場いじめ撃退マニュアル あなたは、職場内で次のようなことにお悩みではありませんか?

・あなたにだけ挨拶されない。
・あなただけ周りから話しかけら れない。
・あなたの仕事に必要な情報や 機器が与えられない。

・・・・その職場状況は、
職場いじめではありませんか?


いじめというものは耐えているだけでは決して解決してはくれません。
職場いじめに対してどのように対抗したらよいのか。
その方法はこのマニュアルに載っています。


セクハラについて

セクシャル・ハラスメント、いわゆるセクハラとは、
性別を理由にして職場で差別をされたり、
性別・性差による発言による嫌がらせのことをいいます。

現在では「セクハラですよ!」と言えば
すぐに意味を理解してもらえるくらいに
常識的になってきている単語ではありますが、
その被害者はまだまだ存在するのが現実です。


旧労働省によるセクハラの定義としては、

「相手方の意に反した、性的な性質の言動を行い、 それに対する反応によって仕事をする上で一定の不利益を与えられたり、 それを繰り返すことによって就業環境を著しく悪化させること」

となっていますが、
具体的にはどんな場合がセクハラになるのでしょうか?


セクハラとして認められる可能性がある例を挙げてみます。


・体に触れる

よほど親密な間柄でない限り、
必要以上に体に触られたりすればだれでも不快に思います。

また直接手を触れられなかったとしても、
必要以上に体をジロジロ見られることによっても
精神的苦痛になる人もいます。

特定の人だけにこれらの行為を行えば、
セクハラと判断される可能性が高いでしょう。


・強要する

例え勤務時間中でなくても、
仕事の延長線上にある人間関係の中で行なわれる行為は
セクハラになる可能性があります。

会社の飲み会で「女なんだからお酌くらいしろ」などと
強要するのは典型的な例です。

仕事上の立場を利用して交際関係を強要するような行為は、
極めて悪質なセクハラと言えます。


・性的な行為

体を触るなどは当然として、
スケベなオジサン達が大好きなアダルトサイトの画像や
週刊誌のヌードグラビアなども、公然と人に見せた場合は
セクハラになる場合があります。

例え見ることを強要しなくても、
公の場や人の目に付く場所で性的な情報を暴露させる行為は
見た人が気分を害する可能性があるため、セクハラと判断されるのです。


・性別による差別

代表的なのが女性である事を理由にお茶汲みをさせられるなど。

これは嫌がらせというよりも風習・習慣と考えている人も
多いようですが大きな間違いです。

お茶汲み=女性の仕事などという根拠の無い理由で
仕事を押し付ければ、押し付けられた労働者は
色々な可能性を制限されてしまうことになります。

また男性社員だけ研修に参加させるなど、
性別だけを理由に優遇の差別を行えば
それは明らかにセクハラです。

セクハラのかどうかの境界線

人間の感覚は個人差が大きいので、
ちょっとした事でも不快に感じる繊細な人から、
多少の事は気にならないという人まで様々な人が存在します。

法的にセクハラと判断されるかどうかはその時によりますが、
第三者が常識的に考えて不快・不自然だと判断できるかどうか、
これが判断基準の一つとなると言えます。

また、社内だけでなく取引関係にある会社など
利益関係の立場を利用して取引先などから性的な嫌がらせを
受けた場合もセクハラに該当します。


セクハラも立派な職場いじめの一つです。
故に、やめさせるには適切な対応をとる必要があります。
その詳細はこちらで確認してください。