職場でマクロを組み効率的に作業する後輩とそれを叱る先輩

職場いじめを撃退

職場いじめ撃退マニュアル あなたは、職場内で次のようなことにお悩みではありませんか?

・あなたにだけ挨拶されない。
・あなただけ周りから話しかけら れない。
・あなたの仕事に必要な情報や 機器が与えられない。

・・・・その職場状況は、
職場いじめではありませんか?


いじめというものは耐えているだけでは決して解決してはくれません。
職場いじめに対してどのように対抗したらよいのか。
その方法はこのマニュアルに載っています。


職場でマクロを組み効率的に作業する後輩とそれを叱る先輩

質問サイトのOKWaveで職場での事務処理作業をマクロという
いわゆる単純作業を自動化できるプログラムを組んで作業しているのを、
職場の先輩にズルをしていると叱られたのをどう思うか?

という質問が投稿されて話題になっています。

私がこの事を知ったのがはてな検索で出てきた
こちらのブログなのですが

ブログの内容を一部引用すると


質問したユーザーも、このマクロを用いて手早く事務処理作業を
終えていたようですが、そこで職場の先輩から言われたのは、
「仕事が早いというのは同じ環境でどれだけ間違いがなく効率よく
作業ができるか」や「マクロを組むのはズルをしているのと同じ」
などの言葉だったとのこと。

「業務をどう効率よくして作業をするかを考え実践するのも
仕事のうちだと思うのですが、私の考えは間違ってますか?」
というこのユーザーの言葉に対して、 

OKWaveでは、それに賛同して、マクロを組めない先輩が
妬んでいるのではないかとする意見も見られました。

ただし一方で、自分だけがマクロを使うのではなく、
職場の同僚や上司にマクロの必要性を広め、
職場の業務全体の効率化を目指すべきという指摘をしていた人が
多かったのも印象的です。

質問者にとっても職場にとっても最良の形で
解決が為されるのが望まれます。


という質問内容のようなのです。

質問内容からだけで判断するとこの先輩の発言はとても納得のできる
発言ではありません。マクロを組めない先輩が妬んでいると思われても
仕方ないと思います。

一方でマクロを自分だけで使うのではなく同僚や上司にも広め
職場全体の作業効率化を目指すべきという意見もあります。
確かにこれも正しいし、これができれば最善だと思います。

ただ、正しい事をするのが常に最善の結果になるとは限らないのが
悲しいですけど現実なんですよね。

ブログのコメント欄で、
「新人がそんなことを進言しても叩かれる」
「作業を効率化しても、その分仕事を増やされる」
という意見もありました。

ネガティブな意見ですが、現実を突いていると思います。
現在不況で伸び悩んでいる多くの企業や会社の原因はこういう所に
一因しているのかもしれません。

おすすめ記事

「30日で職場いじめを撃退する方法」

職場いじめを解決するための手順をまとめたマニュアルの紹介です。このマニュアルにある通りに実践すると いじめをやめさせることができます。 いじめられても気にならなくなる方法とか、 ストレス解消法みたいなものなら以前にもあったと思いますが、 このマニュアルは違います。 いじめをやめさせるにはどうしたら良いかを、 徹底的にまとめ上げた実戦的マニュアルなのです。その詳細は…


職場いじめとは

職場いじめとは、会社など職場に勤める上で、 パワハラやセクハラなどや無視される、陰口を叩かれる、 不当に過重労働させられる、もしくは意図的に仕事を与えないなど、 職権乱用及び不当な制裁行為によって、 労働者の人格権や労働上の権利が害され、 ストレスなどにより疾患の発病や 社会的あるいは経済的損失が発生したがために不利益が生じること と定義づけられると思います。 職場いじめでよく見受けられるケースに…


職場いじめの原因は?

ビジネスとは、分別のある大人同士が行う行為です。 ですので、無視や陰口、嫌がらせなど子供がやることみたいなことなど 本来であればするはずがないのです。 ですが、残念ながら職場でいじめが発生するケースは後をたちません。 陰口・悪口といった些細なことから始まり、 わざとミスをするように仕向けられたり、無理難題を押し付けられたり、 酷い場合は物を壊されたり隠されたりするなどという 子供のようないじめも存在します。 なぜこのようなことが起こってしまうのでしょうか? それは…