職場いじめの基本対策

職場いじめを撃退

職場いじめ撃退マニュアル あなたは、職場内で次のようなことにお悩みではありませんか?

・あなたにだけ挨拶されない。
・あなただけ周りから話しかけら れない。
・あなたの仕事に必要な情報や 機器が与えられない。

・・・・その職場状況は、
職場いじめではありませんか?


いじめというものは耐えているだけでは決して解決してはくれません。
職場いじめに対してどのように対抗したらよいのか。
その方法はこのマニュアルに載っています。


職場いじめの基本対策

いじめを受けた時にまずすること、それは

「まずは証拠を残すこと」です。

誰かに相談する場合にも、
後で会社に改善を求める場合でも、
いつどこでどんな行為が行われたかという事を
証拠として残しておくことが重要です。

この証拠が不十分だと、場合によってはいじめや嫌がらせの
被害に遭っていることすら信じてもらえない可能性がありますし、
話し合いがこじれた時に相手の非を証明することが難しくなります。

このため、いじめを受けた証拠を集めておくことが
重要となるのです。


証拠の集め方には、例えば次のようなものがあります。


・ビデオカメラなどの動画による記録

いじめの現場を録画するというのは
なかなか難しいと思いますが、

例えば朝礼や会議などで上司が部下に日常的に
パワーハラスメントを行っている場合などは職場仲間で協力して
ビデオ録画を行う事が出来るかもしれません。
映像として残した証拠は、極めて強力な武器になることでしょう。

現在では携帯でも録画できる物もありますので、
そういう物を使ってもいいでしょう。


・ボイスレコーダーなどの音声の記録

最近は録音の感度もよく、
サイズもコンパクトなボイスレコーダーが沢山発売されています。

内ポケットなどに小型のボイスレコーダーを入れておいて、
いじめ・嫌がらせの現場を録音して証拠に残しておきましょう。

出来るだけ長時間録音できるタイプを選ぶと便利です。
操作にも慣れておき、いじめを受けそうになったら
すぐ録音できるようにします。

ボイスレコーダーは会議などにも活用できますし、
音楽プレーヤーと共用できるタイプもあるので
1つは持っておくと重宝します。


・メモ、日記による記録

いじめを受けたことを自分で書いて記録するなんて嫌だな
という気持ちも解りますが、人間の記憶というのは
意外なほど不確かなものです。

心理的に人間は嫌なことは忘れようとするため余計にです。

また、人に被害を訴える時にも日時・場所や
目撃者がはっきりしていれば信憑性が違ってきます。

メモ、日記はビデオカメラなどの記録機器にくらべると
証拠として弱いイメージを持たれるかもしれませんが、
実際の裁判でもメモ、日記が証拠として提出されることもあります。
メモ、日記は充分有効なのです。

職場いじめの証拠が揃ったら

証拠が揃ったら上司・会社に対応を求めましょう。

いじめ・嫌がらせに対しては、個人的に争っても
問題がさらに悪化するケースがほとんどです。

もともと仕事上の権限を悪用して行われる場合がほとんどなので、
当事者同士が争っても被害者側の立場が弱くなってしまうという
危険も高いです。

本来、会社には労働者をいじめや嫌がらせから守る義務が
あるわけですから、権限のある上司や会社の上層部に
対応を求める事が必要です。

監視の目があることでいじめが沈静化する場合もありますし、
内容によっては加害者に注意や懲戒処分(業務上の罰則)を
与えてもらうことも可能かもしれません。

ただし、いじめや嫌がらせが会社ぐるみで行なわれる時に関しては、
労働組合や社外のユニオンに助けを求める必要があります。


インターネット労働組合ジャパンユニオンのHP


また、会社によってはきちんと対応してくれない所も
残念ながら存在します。

故に、自分でいじめを解決する方法を
身につけておくことも時には必要です。
その詳細はこちらで確認してください。