いじめに対する会社対応の現実

職場いじめを撃退

職場いじめ撃退マニュアル あなたは、職場内で次のようなことにお悩みではありませんか?

・あなたにだけ挨拶されない。
・あなただけ周りから話しかけら れない。
・あなたの仕事に必要な情報や 機器が与えられない。

・・・・その職場状況は、
職場いじめではありませんか?


いじめというものは耐えているだけでは決して解決してはくれません。
職場いじめに対してどのように対抗したらよいのか。
その方法はこのマニュアルに載っています。


いじめに対する会社対応の現実

会社には職場環境配慮義務があり、
本来、いじめを防ぐための対策を行わなければなりません。

しかし、残念ながらきちんとした対策を
取れない会社も数多く存在します。

いじめに対する姿勢は
その会社で働く労働者の観点からもとても重要なので、
会社の対応があまりに不誠実であったり、不十分な場合は、

会社の職場環境配慮義務違反を指摘したり、
その会社を捨てる判断も必要になってくる可能性があります。

対応が不十分な会社の例

いじめに対する認識が甘い会社の
典型的なパターンを紹介します。


・いじめ問題を重視しない

いじめ問題を軽く見る会社では仕事上での指導であると
加害者を正当化したり、「本人同士でよく話し合って」等と
他人事のように処理され、放置されることがよくあります。

職場や社内でのいじめというのは個人同士の問題ではなく
会社が就業環境配慮義務に則って予防・対処するべきなのです。

会社・上司がこのような対応だった場合は、
人事や労働者を管理するための基本的な知識を持っていない
危険な会社だと判断したほうがいいです。


・「ミスをしたんだから当然」と言われる

例え仕事上のミスをしたとしても
他の人と比較して不当に低い評価を受けたり、
特別厳しい指導を受ける場合は不平等で
合理性が無い指導であると言えます。

仕事上の事にこじつけていじめるというのが
職場いじめの典型的なパターンですから、
注意・指導であっても行き過ぎがあれば、それは人権侵害です。

そういう事を理解していない上司や会社に
職場いじめを解決する能力は無いでしょう
期待するだけ無駄です。


・上司や会社ぐるみでのいじめ

特定の上司だけにいじめられる場合は、
その上司よりも上の権限を持つ上司に相談すればいいですが、
会社ぐるみで誰かを辞めさせようとしたりしている場合は
改善の余地はないでしょう。

この様な場合は一人で解決することは不可能です。
だからといって1人で悩んだり、自分から辞職したりしないで下さい。

労働組合や法律の専門家などに相談して協力を求めるのが賢い選択です。


会社という組織はビジネスをする場であり、
仲良しクラブではありません。

ですのでウマが合う・合わないというのは必ず発生しますし、
例え合わなくても我慢して、付き合っていく必要もあります。

このため会社の対策が不十分であれば
いじめ・嫌がらせ問題が発生するのは当然のことです。

人間関係の重要性を認識していない会社は、
常にいじめ問題が発生しますし、
それを解決する能力もありません。

そんな所で働き続けても得るものは何もありません。

労働者側にも会社を選ぶ目というものが
必要になってきているのかもしれません。


会社の対応が悪い時は、会社を当てにしても無駄です。
自分でいじめを解決する方法を身につける必要があります。
その方法はこちらで確認してください。